商品検索

日当山無垢食堂

お買物かご 0

日当山無垢食堂

お問合わせ
0995-56-8615
電話受付時間:10時〜17時
(土日祝・年末年始休み)
メールで問合わせる
商品検索
オンラインショップ
営業日カレンダー
2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
オンラインショップの出荷業務・お問合わせ受付の営業日です。レストラン・物産館の営業日は実店舗のご案内をご覧ください。
無垢食堂とつながる
Instagram Facebook
ゲンセン霧島認定商品 常温便 坂元醸造

坂元のくろず 700ml

坂元のくろず 700ml

2,052円(税込)
購入数量

世界でも珍しい製法のおいしい黒酢

坂元のくろず 700ml

今や健康や美容に関心を持つ多くの人が注目する黒酢ですが、ブームの火付け役は「坂元のくろず」です。黒酢のふるさとは鹿児島県霧島市福山町。酢が生まれるのは工場ではなく、「壺畑」と呼ばれる畑にずらりと並んだ壺の中。そのユニークさから、観光名所にもなっています。

世界の様々な酢は、まずは原料で酒をつくり、それに酢酸菌などを加えて発酵させ、タンク貯蔵するのが一般的です。ところが福山の黒酢は、かめ壺に米麹・蒸した玄米・地下水を入れて天日の下に置き、自然の力を借りて長時間熟成させる製法。200年以上前の伝統を今も守り続けている世界でも珍しい酢です。

福山町は、江戸時代には鹿児島と宮崎とを船で繋ぐ物資の要所でした。米や薩摩焼の壺が手に入りやすく、三方を丘に囲まれた温暖な斜面で、姶良カルデラを通した県内でも折り紙付きの豊富でおいしい地下水もありました。発酵を促す微生物も住んでいたのでしょう。黒酢は、米・壺・気候の3拍子と作り手の技で奇跡のように生まれたものです。

現在も仕込みは微生物が活発に働く春と秋の2回のみ。坂元醸造では1%だけ精米したうるち玄米を使います。仕込み後1〜2か月は最も大切な時期で、まるで我が子にするがごとく耳や目を澄まし、酢の成長を見守るのだとか。1年以上かけてかめ壺で発酵・熟成させ、まろやかでコクのある風味豊かに仕上がった酢が「坂元のくろず」として販売されています。

ドリンクや“味変“調味料におすすめ

坂元のくろず 700ml

「坂元のくろず」は酢特有のツンとした香りが弱いので健康酢としてそのまま飲むこともできますが、季節のフルーツと氷砂糖を加えて色鮮やかなドリンクとして召し上がってはいかが?

アミノ酸が多く、深い旨味やコクがあるので、調味料として普通に使うのはもちろん、肉のソテー・スープ・アイスクリームなどにちょっと加えて“味変”を楽しむのもおすすめです。

坂元醸造

鹿児島県霧島市福山町では、江戸時代後期からかめ壺による酢づくりが盛んに行われていました。しかし大正から昭和初期にかけて合成酢の製造が始まり、戦争で原料の米が手に入りづらくなったたこともあり、福山町でも酢の醸造は急激に減少。それでも原料を米からさつま芋に代え、最後まで酢を作り続けたのが坂元醸造でした。

戦後、現会長はいよいよ事業承継を諦め、薬学科へ進学。薬局を開設し、手元にあった酢の飲用をすすめていたといいます。すると体調が良くなったという声が多数寄せられるように。改めて成分を調べてみると、一般の酢に比べてアミノ酸やペプチドが多いことが判明します。これが注目を集めるようになり坂元醸造は事業を再開。それまでにはなかった「黒酢」という名称を使ったり、いち早く壺畑の見学や酢のレストランやカフェをつくるなどして人気に。福山の黒酢を世に広めているリーディングカンパニーです。

商品詳細情報

配送方法
こちらの商品は常温便でお届けします。
※商品ごとに、常温便冷蔵便冷凍便ネコポスの配送方法が指定されています。同じ配送方法の商品は、同梱することが可能です。配送方法が異なる商品は一緒にご注文いただけません。詳しくはこちらをご覧ください。
名称
米黒酢
原材料名
米(国産)
内容量
700ml
栄養成分表示
大さじ1杯(15ml)当たり
熱量:3kcal
たんぱく質:0.1g
脂質:0g
炭水化物:0.7g
食塩相当量:0g
賞味期限
枠外下部に記載
保存方法
直射日光を避けて、常温で保存して下さい。
開栓後要冷蔵
製造者
坂元醸造株式会社(福山工場)
鹿児島県霧島市福山町福山4907番地2